JEMIC計測サークル技術専門部会(JMCT)
国家標準にトレーサブルな校正・計測技術・計測管理方法について業界支援を行う研究団体
文字サイズ
大きく表示 通常の表示
ホームページ < 技術専門部会 < 技術専門部会・部会活動について

技術専門部会について

JEMIC計測サークル 技術専門部会 (JMCT) は,JEMIC計測サークルの下部組織として 1972年に始まり,『計測標準のトレーサビリテイを確立,計測技術の向上と計測管理に必要な専門知識を修得し,サークル活動を通じて計測技術の向上と関係分野への貢献を行うこと』を目的に,部会員 (各社担当者) の交流と研鑽による活動を行っています。

技術専門部会は,JEMIC計測サークル会員を対象に会費制で運営を行っており,会員及び客員 (事務局を含む) により構成されています。部会は原則として偶数月に開催しており,4月の定期総会で決定した活動テーマに基づいて,情報及び意見の交換や技術発表,また外部講師を招いての計測専門課題による特別講演・見学会等を行っています。 また,『産業分野・交易分野・学協会及び専門機関で必要とする計測計量の正確さを保証するトレーサビリティを確立するための情報を収集・整理・提供することにより,関係分野へ貢献すること』を目的に,標準器・計測器メーカ各社のご協力を得て 1993年から 2008年まで 『トレーサビリテイハンドブック』 を編集発行し,以降はウェブによる情報発信を行っています。

入会ご希望の方は,貴社名・住所・氏名を JEMIC計測サークル技術専門部会事務局までメールで御連絡下さい。折り返しご案内のメールを致します。

JEMIC計測サークル 技術専門部会 (JMCT : Jemic Metrology Circle Technical committee)
〒531-0077 大阪市北区大淀北1丁目6番110号 日本電気計器検定所 関西支社内 [アクセスマップ]
メールアドレス : jmctinfo@jmct.org

部会活動

ワーキンググループ活動

部会活動
トレーサビリティシステム研究ワーキンググループ

トレーサビリテイシステム研究ワーキンググループは,主に「現場での校正の不確かさ算出」をテーマとして活動を進めています。 不確かさ理解の必要性は,高精度な物づくりが行われている昨今において避けては通れないものとなっています。 確かさの具体的算出事例として,EA (欧州認定機関協力機構) 発行の規格 (EA-4/02) 「校正における計測の不確かさの表現」付属のものの中から, 「公称値 10kΩ 標準抵抗器の校正」の事例について検討を行なう等,世界的動向もふまえた内容の活動を行っています。

企業内計測管理技術研究ワーキンググループ

企業内計測管理技術研究ワーキンググループでは,試験所・校正機関において国際的に運用されている規格である ISO/IEC17025 の解釈検討を,原文訳と参加会員企業の実務事例やノウハウをふまえて行っています。 具体的には,以下2点を主目的としています。

技術面に焦点をあてて,要求内容について理解を深める。
対応策の具体化について調査を行い,結果を報告書にまとめることにより,試験所認定制度に関わる試験所及び ISO/IEC17025 への適合を目指す企業等への参考の一助とする。

また,その他にも標準室の環境条件について調査実施・結果報告を行う活動や, 校正実務時の具体的合否判定基準について調査実施を行う等のより現場に有益な課題についても活発に行っています。

計測技術けいじばんワーキンググループ

計測分野において ISO/IEC17025 の適用・JCSS 階層化の導入をはじめとして,世界標準への対応はいよいよ本格化の様子を呈しています。 そのような中,当ワーキンググループでは当部会の窓口的役割を担い,以下の活動を主に行っています。

参考文献・技術資料の紹介や翻訳により,国家・国際計測標準に対する関心の助長と技術の研鑽を図るための情報提供。
会員間の技術情報を共有化することを狙いとしたホームページ等ネットワークの構築。

活動結果の部会内での活用・充実が活動の連続性と広がりをつくり,さらに活動の深みを増すと期待しています。

施設見学会

JEMIC計測サークル技術専門部会では,計測・計量に関する最先端の技術を中心に広く知見を得るため年1回の施設見学会を行い,活動に取り入れています。

見学日:2017 年 12 月 15日 (金)
場所:独立行政法人 製品評価技術基盤機構 蓄電池評価センター(大阪市咲洲)
見学日:2016 年 10 月 21日 (金)
場所:株式会社 岡崎製作所 本社工場(神戸市西区)
見学日:2015 年 10 月 16日 (金)
場所:一般財団法人 電気安全環境研究所 関西事業所(神戸市東灘区)
見学日:2014 年 10 月 17日 (金)
場所:大型放射光施設SPring-8(兵庫県佐用郡)

JEMIC計測サークルについて

JEMIC計測サークルは「日本電気計器検定所(以下JEMICという)が電気標準の供給についての新しい技術情報を提供し,計測技術の向上と計測管理の普及に寄与すること」を目的として設立されました。以下がその概要です。

事務所
JEMIC計測サークルの事務所は,JEMICの各支社・事業所におきます。
日本電気計器検定所 本社
〒108-0023 東京都港区芝浦4丁目15番7号 [アクセスマップ]
日本電気計器検定所 中部支社
〒487-0014 愛知県春日井市気噴町3丁目5番地7 [アクセスマップ]
日本電気計器検定所 関西支社
〒531-0077 大阪市北区大淀北一丁目6番110号[アクセスマップ]
日本電気計器検定所 九州支社
〒815-0032 福岡市南区塩原2丁目1番40号 [アクセスマップ]
事業
JEMIC計測サークルは,次の事業を行います。
定期発行資料の配布
技術資料等の配布
研究会,見学会,説明会等の開催
その他JEMIC計測サークルの目的を達成するために必要な事業
会員
会員は,定期発行資料の購読者とし,1種会員と2種会員とします。
入会
入会申込書と購読料を最寄りの本会事務所に持参されるか送付されますと会員の登録をします。
定期発行資料
「計測サークルニュース」,「電気検定所技報」は年4回発行し,発行の都度,1種会員には各3部,2種会員には各1部を配布します。
購読期間及び購読料
定期発行資料の年間購読料等は,次のとおりです。
購読期間 毎年4月1日〜翌年3月31日まで
購読料
1種会員 8000円 [消費税5%(400円)が加算されます。]
2種会員 3000円 [消費税5%(150円)が加算されます。]
ただし,10月1日以降に入会の場合の購読料は,半額とします。
研究会等の開催
JEMICが研究会,見学会,説明会等を開催するときは,その都度,会員にお知らせします。会員は優先して参加することができます。
会員の特典
JEMICが開催するJEMIC計測技術セミナー(有料)において,会員は受講料の割引が受けられます。
ホームページ < 技術専門部会 < 技術専門部会・部会活動について